ホームへ > 企業活力研究所について > 設立の趣旨

設立の趣旨

 企業活力研究所は、日本経済と企業活動をとりまく諸問題を調査研究するシンクタンクとして、日本経団連(当時:経団連)等産業界の協力と経済産業省(当時:通商産業省)の支援を得て、昭和59(1984)年7月に設立されました。
平成25(2013)年4月1日に、一般財団法人に移行致しました。



このページのトップへ

一般財団法人 企業活力研究所の事業の一部は、競輪の補助金を受けて実施しております。